太陽光発電事業

太陽光発電は、日照条件のよい土地があれば発電可能で、騒音や排出物も出ないため、 バイオマス等のFIT電力と比較すると取り組みやすい発電事業と評価されています。

世界で最も品質の高い太陽光発電所の計画ノウハウを提供いたします。太陽光発電所は「発電所」です。
ただ設置するだけで発電するものではありません。あらゆるリスクを考えた計画が重要です。
リトライでは、その土地における事業開発(電力会社との交渉、許認可手続き等)に取り組んでおり、自治体や民間企業、個人の方々が所有管理する遊休地や未利用地などを、太陽光発電所として蘇らせています。実績豊富なパートナーと連携しながら、太陽光発電事業をトータルにサポートします。

余っている土地をー

関東関西色分け日本地図

 

使われていない土地や利用用途が見つからずに困っている土地を、太陽光発電所で有効活用しませんか?
ご自身の土地で、太陽光発電所のオーナーになることができます。

太陽光発電所の開発事業に豊富な実績をもつ株式会社RETRYに、安心してお任せください。

 

★RETRYの実績(一部。全実績はこちら

45 kagofuku se

 2016年12月 完工:鹿児島霧島市太陽光発電所

お電話てのお問い合わせ

satsuma sendai se

 2016年12月 完工:薩摩川内開拓跡地太陽光発電所

メールてのお問い合わせ

 

お問合せから建設完了までの流れ

1

お客様よりお電話またはメールにてお問い合わせ

次へ

2

担当者が、土地の概要等について確認(お電話/メール、訪問)

次へ

3

現地調査(立地条件、日射条件の確認等)

次へ

4

基本設計(レイアウト、モジュールの配置、発電量の算出)

次へ

5

電力会社との系統連系協議

次へ

6

地域関係者との協議

7

各種許認可の取得

次へ

8

経済産業省への設備認定申請

次へ

9

事業主の決定(土地のお持ちの方ご自身が発電所を所有しない場合)

次へ

10

建設開始~完工~送電開始(パートナー会社による建設)

次へ

11

発電所の保守・管理(パートナー会社による保守・管理)

 

太陽光発電所の設置に適した土地/参考

以下は、一般的なチェック項目です。
詳細は、お持ちの土地によります。どうぞお気軽にご相談ください。

土地の広さと日射量
土地の広さと日射量
  • 目安として、1.6ヘクタール(約5,000坪)の土地で、1メガワット(1,000キロワット)のメガソーラー発電所の設置が可能です。
  • 現在、弊社では300~500坪の個人の方でもご利用いただける太陽光発電所(低圧)の設置をお手伝いしております。
  • その他、各種の土地について個別にご相談をお引き受けいたします。
  • 日射量が多いほど、発電量は高くなります。
理想的な土地
【例】工場跡地・ゴルフ場跡地など :メガソーラーのご利用
   農地跡地や余っている土地など:低圧発電所のご利用
遮へい物の有無

土地の周囲(東、西、南)に日射を遮る山、樹木、建物などのない状態が理想的です。

太陽光発電所設置に「適している」例
太陽光発電所設置に「適している」例
太陽光発電所設置に「適していない」例
太陽光発電所設置に「適していない」例
配電/送電線の有無と土地の種類(地目)

配電/送電線の有無と土地の種類(地目)

発電所で生み出した電気を送るため、近くに送電線が必要です。
地目や現在の状況によっては、許可の取得や計画、建設に時間がかかることもあります。

ページTOP