バイオマス発電事業

バイオマス発電は、木くずや間伐材など一般に化石燃料を除くものを、
燃焼あるいは一度ガス化して燃焼する際の熱を利用して電気を起こす発電方式です。

バイオマス発電は、燃やしてもCO2の増減に影響を与えないという発想で作られています。
燃料さえ確保することができれば、安定した発電量が見込めるため、貴重な再生可能エネルギーの“ベース電源”として活用することもできると期待されています。
リトライでは地域に根差した事業開発(電力会社との交渉、許認可手続き等)に取り組んでおります。自治体や民間企業、個人の方々のご要望を実績豊富なパートナーと連携しながら、バイオマス発電事業をトータルにサポートします。

お問合せから建設完了までの流れ

お客様よりお電話またはメールにてお問い合わせ

お客様よりお電話またはメールにてお問い合わせ

次へ

担当者が概要等について確認(お電話/メール、訪問)

担当者が概要等について確認(お電話/メール、訪問)

次へ

現地調査/お打ち合せ

 現地調査/打合せ

次へ

バイオマス資源量の確保、バイオマス資源の収集・運搬方法調査

バイオマス資源量の確保、バイオマス資源の収集・運搬方法調査

次へ

地域関係者との協議

 地域関係者との協議

次へ

環境影響評価

 環境影響評価

必要許認可の取得

 必要許認可の取得

次へ

電力会社との系統連系協議

電力会社との系統連系協議

次へ

事業主の決定(ご自身が発電所を所有しない場合)

事業主の決定(ご自身が発電所を所有しない場合)

次へ

建設開始 ~ 完工 ~ 送電開始(パートナー会社による建設)

建設開始 ~ 完工 ~ 送電開始(パートナー会社による建設)

次へ

発電所の保守・管理(パートナー会社による保守・管理)

発電所の保守・管理(パートナー会社による保守・管理)

 

エネルギーとして利用できるバイオマス/参考

エネルギーとして利用できるバイオマスは、主に以下のような種類があります。

廃材物系バイオマス

廃材物系バイオマス

  • 産業資材(加工残渣、生ゴミ、動植物性残渣など)
  • 食品資材(パルプ廃液など)
  • 林業資材(製材工場残材、建築廃材など)
未利用バイオマス

未利用バイオマス

  • 林産資源(林地残材)
  • 農産資源(稲わら、もみ殻、麦わらなど)
農産物加工残渣

農産物加工残渣

  • 糖質資源(さとうきびなど)
  • でんぷん資源(米、いも類、とうもろこしなど)
  • 油脂資源(なたね、大豆、落花生など)

※残渣とは動物性や植物性の固形状の不要物を指します。

ページTOP