株式会社RETRY(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:森下悦道、以下、RETRY)は、企業向け弁当配達マッチングサービス「シャショクラブ」と「QUWANTO(クワント)」にて、企業側の経理業務に負担がかからない【従業員個人で決済可能とするクレジット決済】を追加導入します。

【シャショクラブ】と【QUWATNTO】は、オフィスにいながら複数の飲食店から昼食弁当が届くオフィス配達ランチサービスです。2つのサービスは注文システムや料金の精算方法が異なるため、企業が管理しやすいサービスをお選びいただいています。

 シャショクラブとQUWANTOのサービス内容

pc sp tb画面

シャショクラブ:3種類のプランが選べる月定額制

QUWANTO:会員登録を行い、食事利用分を翌月精算

基本的なサービス内容は共通しています。

 

①PCやスマートフォンから各従業員が好きな食事を注文できるwebサービスで、マイページには食事履歴や注文カレンダーを用意しています。

②企業と飲食店をエリアマッチングし、月極契約にすることで1食のコストを抑えました。毎日の食事をコスパ良くしています。

③幅広い志向に合うよう食事ラインナップには、パワーサラダから肉盛りまで揃っています。普段配達を行っていない飲食店が加盟しているのも「月定額サービス」で「企業マッチング」が自動で行われるシャショクラブ・QUWANTOだから実現しました。

④契約は企業単位が基本、従業員の昼食状況を把握することで健康管理にも繋がります。

個人クレジット決済の導入背景

クレジット導入イメージ before03

100名以上の企業では給与天引き管理が大きな負担だった

シャショクラブは、月定額のプランが3種類あり各従業員がワークスタイルに合わせて選べます。さらに、月単位でプランの変更も可能なため月別・従業員別に利用額が異なります

利用する従業員にとっては自由度が高く喜ばれていましたが、企業の経理業務に負担がかかる場合があり、懸念材料となっていました。

企業内で部署単位の導入も可能になる

同様に、企業で利用者の利用額を管理する場合は【会社全体での導入】が前提条件になります。しかし、需要としては「内勤の部署だけで利用したい」「オフィスビル内で企業をまたいで利用したい」など、【企業で利用料を管理する以外】の契約方法の必要性が高まっていました。

<経理担当がいない団体でも導入しやすく>

学校や学童、など【経理機能が集約されていない団体や組織】での【ランチ配達】需要は、年々高まっています。これまでは、個人決済ができないことで導入を諦めていた団体や組織が多くいました。

 個人クレジット決済導入により期待できる効果

クレジット導入イメージ after03

前項のとおり、決済管理が導入の壁になっていた【100名以上の企業】【企業の一部で利用したい従業員】【経理部門がない団体や組織】でのご利用が可能になります。

また、給与天引きで管理をされていた企業が、個人クレジット決済に切り替えることで、大幅に経理部門の負担が軽減されます。

福利厚生の中でも人気の食事補助制度を手軽に導入、働き方改革を後押し

シャショクラブ・QUWANTOは、オフィスに食事を配達するだけでなく、福利厚生の食事補助制度が適用できる仕組み設計になっています。

また、決まった時間帯の食事配達を「個別に管理」できるので時間管理が効率的になったというお声や、食事の履歴を管理できるため従業員の健康管理にもなると喜んで頂いています。

福利厚生の充実・時間管理・健康管理という側面は、「働き方改革」に繋がります。

サービスの拡充により、ランチ加盟店も益々充実したシャショクラブ・QUWANTOを是非ご覧ください。

 

シャショクラブwebサイト

QUWANTOwebサイト

 

【シャショクラブ・QUWANTO(クワント) サービス導入についてのお問い合わせ先】

株式会社RETRY シャショクラブ事業部

石井 TEL: 03-3461-4849 FAX: 03-5784-3421

Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

【本件に関わる報道機関からのお問い合わせ先】

株式会社RETRY 広報窓口

箭内(やない) MB:080-2156-2233

Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

株式会社RETRYの概要(http://re-try.net/index.html

社名:株式会社RETRY

代表取締役:森下悦道

設立年月日:2011年11月28日

資本金:1000万円

サービスURL:https://shashoku-love.jp/lp/

注文URL:https://shashoku-love.jp/html/

企業向け、弁当配達マッチングサービス「シャショクラブ」を運営する株式会社RETRY(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:森下悦道、以下、シャショクラブ)は、東京都葛飾区が管理運営する学童保育クラブの子どもたち向けにシャショクラブの姉妹サービス「QUWANTO(クワント)」の導入を、2018年7月20日より開始しました。

image01

「安全で美味しく飽きないお弁当を、学童の子どもたちへ届けたい」

小学生の子どもが、平日の授業のあとや夏休みなどの長期休暇時に利用する学童保育クラブですが、長期休暇時は「お弁当の持参」が必要になることはご存知でしょうか。

学童保育クラブによっては、長期休暇時は仕出し弁当業者を使えるようにして「お弁当が用意できない子ども」がいないよう工夫をしている場合もあります。

葛飾区が管理運営する学童保育クラブでも昨年度まで仕出し弁当業者にご協力をいただき、日替わりのお弁当を注文できるようにしていました。しかし、種類は日替わりの1種類のみだったり、追加やキャンセルが4日前までしかできなかったりと、課題を抱えていました。

この度の葛飾区学童保育クラブへのQUWANTO(クワント)導入は、子どもの成長にあったボリュームや好みのお弁当が注文でき、保護者が注文管理しやすくできないかという発想から準備が始まりました。

元来、QUWANTOは企業向けの弁当宅配マッチングサービスですが、注文の自由度の高さ・管理機能の高さが学童保育クラブにもマッチしていました。

【QUWANTOの特徴】

ü スマートフォンやPCから個人が個別に注文ができる

ü 前日17:00までの注文で、翌日11:45までに配達

ü キャンセルも前日17:00まで受け付け可能

ü お支払いは月締め

ü マイページに注文履歴が掲載されログを残すことができる

ü マイページ内のカレンダーには注文予約が掲載される

ü 配達される弁当には、商品名や注文した個人名のラベルシールが貼られ、取り間違いが起きない

 

 →個別にお弁当を選べてスマホなどデジタル端末で注文~管理ができることがポイントでした。

「QUWANTOで学童保育クラブにお弁当が届くまでの仕組み」

image01a

  1. スマートフォンまたはPCから届けたい日を選択し、お弁当を選んで注文する
  2. 注文完了メールが、お弁当屋・ユーザーへ送付される
  3. 児童の名前が記載されたお弁当が各学童保育クラブへ配達される

 image02

※お弁当の注文は毎日ではなく、必要な日だけでOKです。

※学童保育クラブは全体の注文を確認できる管理ページがあるので、状況をリアルタイムで把握できます。

【 選べるお弁当一例 】

image05

▲学童保育クラブ導入に合わせて、子ども向けメニューを充実させたお弁当屋さんも

「残さず食べれたよ!」メニュー選びが、親子のコミュニケーションに

image08 

子どもたちは、その日のお弁当について素直な感想を保護者へ伝えます。

味はもちろんのこと、量は多かったり少なかったりしなかったか、子どもたちが自然と考えることができます。

QUWANTO(クワント)は、お米の量を「小・普通・大」から選べるほか、お弁当の種類も毎日選べるので、保護者は、子どもが食べやすいボリュームのお弁当を選ぶことができます。

image06

中には、基本は手作り弁当を持参するけれども、友達が頼んだQUWANTOの親子丼をおいしそうに食べているのを見て、「私もこれが食べたい」と、週に1回だけQUWANTO(クワント)をご利用いただいているご家族もいらっしゃいます。

「名前ラベルや使い捨て容器で保護者、学童職員も安心」

QUWANTO(クワント)は、お届けするすべてのお弁当に商品名と児童の名前が印字されています。

image07

多い時は数十個のお弁当が一か所の学童保育クラブに配達されますが、名前ラベルがあるため、職員から児童への配布も間違いは起こりません。

容器は使い捨てのため、回収容器に比べ衛生面でも喜ばれています。

「今後は学童保育クラブのほか、中学校・高校・大学への導入を視野に」

”企業で働く従業員のランチ難民を解決するため”に生まれたシャショクラブは、”お弁当を配達できる飲食店”と”お弁当を届けてほしいヒト”を繋げる仕組みです。

企業だけではなく、”病院で働く医療従事者”や、この度の”学童保育クラブ”への導入を受け、ご注文の自由度を高めた結果生まれた新サービスQUWANTO(クワント)。

毎日の昼食管理の改善をしたい団体様、特にご相談をいただくことが多い中学校以上の学校法人や福祉施設などへ導入を進めていきたいと考えています。

 

 

 

【撮影協力】

葛飾区役所

子育て支援部 育成課

青戸中央学童保育クラブ

 

 

 

【シャショクラブ・QUWANTO(クワント) サービス導入についてのお問い合わせ先】

株式会社RETRY シャショクラブ事業部

石井 TEL: 03-3461-4849 FAX: 03-5784-3421

Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

【本件に関わる報道機関からのお問い合わせ先】

株式会社RETRY 広報窓口

箭内(やない) MB:080-2156-2233

Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 サービスURL:https://shashoku-love.jp/lp/

注文URL:https://shashoku-love.jp/html/

IMG 6694 R

企業向け、弁当配達サービス「シャショクラブ」を運営する株式会社RETRY(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:森下悦道)及びハウスウェルネスフーズ株式会社(本社:兵庫県伊丹市、代表取締役社長:広浦康勝)は、健康食品:ウコンの力「レバープラス」の粒タイプをシャショクラブ会員向けに提供することに合意し、6月1日より、販売を開始します。

 

今回、ハウスウェルネスフーズが販売するウコンの力「レバープラス」(粒タイプ)をシャショクラブの持つ企業へのダイレクトネットワークに展開することで、ビジネスパーソンの健康をサポートすることが可能となります。これまで、ウコンの力「レバープラス」(粒タイプ)は、主に小売店等で販売しておりましたが、店舗では他製品との差別化を図ることに課題を持っていました。今回の展開により、ハウスウェルネスフーズは、シャショクラブの持つ企業の幅広い層へのネットワークを通じて、ビジネスパーソンを中心としたターゲット層へダイレクトにアプローチが可能になります。

 

また、シャショクラブは、都内を中心に100以上の弁当業者や飲食店と契約しており、企業で働くビジネスパーソンに対して、野菜中心のヘルシー弁当や様々なブランドのお弁当の配達を通じ、健康や福利厚生のサポートなどを行ってまいりました。今回の健康食品のような商品を取り扱うことで、より一層のユーザー開拓が可能になると考えております。

 

両社は、ウコンの力「レバープラス」(粒タイプ)を皮切りに、ハウスウェルネスフーズの強みであるその他の健康食品や健康ドリンクに関しても、今後展開を検討していく予定です。

 

1.シャショクラブ会員向けに展開する商品

  1)ウコンの力「レバープラス」粒タイプ(袋):

ukon

2.提供方法

  1)シャショクラブの会員サイトより、各ユーザーが個人アカウントにて注文

  2)ハウスウェルネスフーズより郵送にて、企業へお届け

 

会社概要

 

株式会社RETRY(http://re-try.net/index.html

社名:株式会社RETRY

代表取締役:森下悦道

設立年月日:2011年11月28日

資本金:1000万円

サービスURL:https://shashoku-love.jp/lp/

注文URL:https://shashoku-love.jp/html/

 

ハウスウェルネスフーズ株式会社(http://www.house-wf.co.jp/

社名:ハウスウェルネスフーズ株式会社

代表取締役:広浦康勝

設立年月日:2006年4月3日

資本金:1億円

 

本件についてのお問い合わせ窓口

株式会社RETRY 

シャショクラブ事業部 広報窓口:和田(ワダ)

TEL: 03-3461-4849 FAX: 03-5784-3421 

ML: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。



企業向け、弁当配達サービス「シャショクラブ」を運営する株式会社RETRY(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:森下悦道、以下、シャショクラブ)は10月1日より、企業の福利厚生システムに選択制を持たせた新サービス「QUWANTO by シャショクラブ」を開始します。


これまで、シャショクラブでは、定額制の料金体系として企業への導入により、従業員の福利厚生の一環として、導入してまいりましたが、今回の新サービスの追加により、企業の福利厚生システムに選択(料金設定もしくは負担割合設定)することが可能となります。定額制をやめたことで月の注文個数や金額に一切制限がなくなりました。


シャショクラブが展開するサービス及び「QUWANTO by シャショクラブ」は、福利厚生(食事補助)を利用することで、企業は節税対策にもなり、従業員はランチを安く抑えられるという、企業、従業員の両者にメリットがあるサービスです。注文はPCやスマホから個人で簡単発注ができ、どんなに忙しい時でも、手軽にお弁当が届くという従業員の皆様への”時間の節約"と"選べる楽しさ"、そしてデリバリーサービスでは実現しなかった“最低個数・最低注文金額の廃止””低価格”を武器に、シャショクラブはお弁当を提供する店舗と従業員の皆様を繋ぐサービスを提供してまいります。また、企業が立地する近隣の商店街と提携することにより、活性化のサポート等、今後も積極的に展開してまいります。


今回の新サービスは、オフィスの立地が多い、渋谷、新宿、新橋、五反田を中心に展開し、順次お客様の要望等に応じて拡大をしていく予定です。



1. サービス開始日:2017年10月1日


2. サービス名称:QUWANTO by シャショクラブ


3. サービス内容等:


1) 契約体系:企業や団体、学校と個別契約
2) 料金体系:契約する企業の初期費用や固定費は一切無料。
利用する従業員は無料会員登録を行う。会員登録後、利用者はweb上でマイページをもてるようになり、日ごとにマッチングされた加盟店のお弁当(450円から2000円)のお弁当を注文することが可能
3) 企業や団体、学校などが対象で、条件によっては10名様からの登録可能


4. サービスイメージ:


福利厚生(食事補助)をご利用可能な、企業は、企業の負担額を決め、お弁当の代金から自動で差し引いた金額が表示されるようになっています。また、一カ月間での企業負担上限金額も設定可能となっています。

①金額設定:一食当たりいくらまで負担するか
②負担割合設定:使用料金の何%を負担するかの2つを選択可能となります。
*企業が福利厚生を利用するかは自由で、利用しなければ通常のお弁当金額が表示されます。
例)企業の食事負担金額設定を300円に
(一食当たり)した場合、600円の商品であれば、従業員の費用負担は300円で購入可能となります。

2017 10 06

※ 上記画面は、サンプル画面(イメージ)です。実際の価格は異なります。


シャショクラブについて(https://shashoku-love.jp
シャショクラブは、企業向けランチデリバリーサービスです。多くの加盟店と契約し、従業員は好きなお弁当を“最低個数・最低注文金額(ポイント)”などはなく個人で気軽にPCやスマホで注文ができます。企業は福利厚生の食事補助を利用することができるため、従業員の満足度を高めながら節税対策にもなり、従業員は通常よりもリーズナブルな金額でランチを楽しむことができます。どんなに忙しい時でも、手軽にお弁当が届くという従業員の皆様への”時間の節約"と"選べる楽しさ"を実現した今までにないサービスです。

2017 10 06 1

本件に関わる報道機関からの問い合わせ先
シャショクラブ 広報窓口 ベンチャー広報 長谷川
TEL:03-6869-8003 FAX 03-6700-8513 MB 080-6660-7861
ML: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

株式会社RETRY(本社:東京都目黒区、代表取締役:森下悦道)は、株式会社RETRYが行うecサイトGranLeFuroサービス事業の全てを株式会社LeFuro(本社:東京都港区、代表取締役:三田直樹)へ事業譲渡致しましたことを発表いたします。
 なお、株式会社RETRYで行っている再生可能エネルギーデベロップメント事業・webサービス事業など、ecサイトGranLeFuroサービス事業以外の事業につきましては、引き続き重点分野として事業および新規投資を継続してまいります。


1.事業譲渡の理由


 ecサイトGranLeFuroは、これまで店舗経営を主軸に行ってきた株式会社LeFuroの独自製品である『バスミネラル』を全国に展開することでLeFuroブランドの発展を加速するために、株式会社RETRYと株式会社LeFuroが業務提携を行い2017年3月に運営を開始いたしました。このたび、サービスの更なる成長を鑑み、製品メーカーである株式会社LeFuroへの譲渡に合意した次第でございます。

2.事業譲渡の日程


 事業譲渡日:2017年9月1日

 

 株式会社RETRYでは、【世界にライフラインをつくる】を基本理念に掲げ、環境問題も考慮した上での発電所開発や建設を進めています。地域の方々と手を取り合い、皆様の共感を得て進めていくこと、その開発を通し微力ながら地域産業に貢献することを目指し、日々邁進しております。


本件に関するお問合せ先
広報担当部 箭内 TEL:092-718-8430

ページTOP