寒い日が続いていますが、風邪など引かれていませんか?

今年も残り、一週間を切りましたね。今回は、今年一年を振り返り、ハイライトをお送りします!

 

◇2016年1月

1月4日(月) 全社員で初詣!

 

神田明神に、全社員でお参りをしてきました。

商売繁盛の神様と言われている神田明神さま。当日は人がたくさん並んでいて、お参りするまでに1時間以上(!)も並びました。

 

 

 

先月、東洋経済にて「社内制度・福利厚生がユニークな企業TOP100」という記事が掲載されていました。

http://toyokeizai.net/articles/-/142633

福利厚生や社内制度は就職活動や転職活動で会社を選ぶ際、指標の一つにもなるのではないでしょうか。また、経営者や人事の方にとっては離職率を下げる一つの施策となるはず。

前述の記事に掲載されている各社を調べてみると、その制度はいくつかの種類に分類されることがわかります。今回はランキングに掲載されていた会社のその一部と、RETRYの社内制度・福利厚生をご紹介します。

 

 

 kirishima001

 

 

RETRYは、2016年11月27日(日)~28日(月)、鹿児島県は霧島市にて研修旅行を行いました!

 

去年は有馬で行った研修旅行、今年の開催が霧島になったのは、RETRYが開発を担当した太陽光発電所が鹿児島にあるからでした。

 

 

 

2016年4月、一般家庭や小商店などの低圧電力を利用している方々は電力会社を選ぶことができるようになりました。

いわゆる『電力自由化』です。

これまでは地域によって固定化されていた既存の電力会社を、電話会社やガス会社、プロ野球チームまで、家庭向け電力小売りサービスに参入した様々な会社から選べるようになったのです。参入した会社は『特定規模電気事業者(○○電力などの電力会社以外の新電力、以下、PPS)』と呼ばれ、その数は500社以上(!)と言われています。

選ぶメリットとしては、電気代の低減や各種ポイントサービスを利用できること。震災以降の金額上昇により家計を圧迫していた電気料金を、よりお得に利用できるようになりました。

 

実は、電力自由化の開始は2005年

 

 

 

これまで、「シャショクラブ」をご利用いただいております3社様にインタビューをさせていただきました。それぞれの会社様で場所や規模などは異なりますが、振り返ってみるとインタビューの中でお答えいただくお話は、似通っている部分も多くあることがわかります。

 

なぜシャショクラブを選んでいただけたのか? それによってどんな変化があったのか?

 

今回は、その3社様にいただいたリアルなお声であるインタビュー内容のまとめと共に、事業部長の熱い想いをお届けします。
この機会に、何か新しい福利厚生をお考えの企業様は是非ぜひ導入をご検討されてみませんか?
選べるおいしいランチがあなたのオフィスに、毎日届けられますよ!

ページTOP